医師紹介

医師経歴

院長経歴

院長 山内 智之
(日本泌尿器科学会認定 専門医)

昭和38年2月 愛媛県西条市生まれ
昭和56年 愛媛県立今治西高等学校卒業
昭和62年 愛媛大学医学部卒業
(芦原空手(極真系)に専念し黒帯を修得)
卒業後麻酔科で6ヶ月の研修
愛媛大学大学院医学研究科  細菌学教室で研究生活始める
平成 3年 愛媛大学大学院医学研究科終了(マクロファージを中心とした免疫系の研究にて学位を修得)
  愛媛大学医学部麻酔科に入局
麻酔、蘇生学、救急医療、ペインクリニックの研修し、その後大学病院、市立宇和島病院、愛媛県立中央病院で麻酔の実践を積む。
  東邦大学大森病院腎臓学教室入局
腎移植、腎不全、腎臓病、血液透析、小児泌尿器科について学ぶ。
その後国家公務員共済組合連合会立川病院泌尿器科、富士重工業健康保険組合総合太田病院泌尿器科に勤務
平成 11年 田代ひ尿器科に勤務。
平成 14年 平成 14年7月26日の院長死去にともない7月27日より2代目院長として新たに田代ひ尿器科を開設



先代院長経歴

田代 彰
昭和11年3月宮城県仙台市生まれ
仙台第二高等学校卒業
弘前大学医学部卒業後、助手、講師、助教授を経て豊橋市民病院泌尿器科初代部長として赴任
昭和53年田代ひ尿器科を開業




ロゴの由来

田代の田と2代目院長の故郷愛媛県の位置を組み合わせました。
フォノンデザイン 谷野大輔氏




ページの先頭へ